【アメリカで中古車購入】費用や査定、安いのはどっち?~ディーラーと個人売買の比較~

【アメリカで中古車購入】費用や査定、安いのはどっち?~ディーラーと個人売買の比較~

アメリカに転勤や赴任、留学、インターンシップが決まったら、アメリカ到着後、すぐに買うことになるのが車です。

アメリカは車社会のため、1年以上滞在する方は、アメリカで車を買って所有することをおすすめします。

もちろん新車を買うと安くはありませんので、今回はアメリカに数年滞在する人用に中古車の購入のお話です。

 

帰国することが決まったら、すぐに中古で売ればよいので、便利さを考えれば購入されることをおすすめします。
車を買うなら初期費用が掛かりますが、後の交通費やガソリン代を考慮すると、結局のところ車を買った方が安くつくことがほとんどです。

 

そこで迷うのが、アメリカの車のディーラーで購入するのか、または個人売買で購入するのか。
今回は、費用や手間の観点から、両方のメリットとデメリット、そして購入方法を紹介します。

 

 

アメリカで中古車を購入する方法

アメリカで車を購入する際、その方法は2つあります。

1つはディーラーから購入する。

2つ目は個人売買です。

 

命を預ける車、個人間で売買なんてしていいの
と思う方もいるかもしれません。

 

日本で個人売買は通常行いませんが、アメリカでは主流の方法です。

 

インターネットや地域のコミュニティ掲示板に売りたい車の情報を載せて、個人間で値段の交渉などを行うのです。

 

ディーラーから買うか、個人間で買うかのどちらが安心か、どちらが費用を安く抑えられるか、メリットとデメリットを紹介します。

 

ディーラー購入

アメリカには、各地に日本の会社のディーラーが多くあります。
「ガリバー」などは、日本でも中古車の販売ディーラーで有名な大手ですが、アメリカにも進出しており、安心して取引ができるでしょう。

 

ディーラーから車を買うメリット

・車の査定

ディーラーで働くプロが、スペック安全性をきちんと検査した中古車しか取り扱わないため、購入後の故障などの心配は比較的個人売買よりも少ないでしょう。

 

・車の受け取りの日にち調整

これが、最も大きなディーラーを介す際のメリットと思います。
アメリカに来てすぐにディーラーに行き、すぐに購入ができます。

 

しかし、個人売買だと、アメリカ到着後、まずは車を売ってくれる人を見つけ、値段交渉、受け取りの日程を合わせて引き渡しとなるため、少し時間がかかるでしょう。

また、相手は個人のため、受け取りの日の融通がききません。

すぐに車が必要な方には、アメリカについてすぐ車を買えるのがディーラー購入の大きなメリットです。

 

免許が取れたらできるだけ早く車を手に入れたいものです。

アメリカの免許取得する方法はこちらを参考にしてください。

 

【アメリカ運転免許】カリフォルニアの取得方法と流れ~筆記・実技試験の難しさと受かりやすいDMV~

 

・メンテナンス

中古で購入しても、日本帰国までメンテナンスをしてくれたり、帰国時に買い取りサポートをしてくれるところがお多いため、帰国時も安心です。

 

ディーラー購入のデメリット

・費用

やはり、プロにお願いをすると、個人で売買するより仲介料が発生し、個人売買よりも安くはありません。

ディーラーの見積もりよりも、ほかの個人売買仲介者に頼むと役$2,000程度も変わったという話もよくあるので、慎重に考え、見積もりは何社か比べた方がよいでしょう。

 

車の個人間売買とは

アメリカでよく見る車の個人売買。

本当に安全性は大丈夫?と心配になる方も多いかもしれませんが、アメリカでは主流の車入手方法です。
必要書類がそろっていれば問題はありません。

 

個人売買のメリット

・安い費用

個人で交渉をするため、ディーラー取引のように手数料が発生せず安く手に入れることができます

急に日本の帰国が決まった方で、すぐにでも車を売りたいという方は、破格の値段で売りに出していることもあります。
是非現地のコミュニティサイトやローカル新聞などの投稿欄をチェックしてみましょう。

全米でたいていどの地域でも日本人コミュニティサイトを運営している会社がびびなび
お得な車の情報などが出ていますのでチェックしてみるといいでしょう。

 

個人売買のデメリット

・引き渡し日程の調整

個人間の交渉のため、引き取る日程が都合が合わなければ、伸びてしまう可能性があります。

融通が利かない面では、すぐにでも車が必要な方にとってはデメリットとなります。

・査定

不具合などがないか、ディーラーよりも検査がしっかりしていません。
どれくらいのマイル走ったのかは、すぐに見てわかりますが、車のクセなどは見てわからないため、よくよく、オーナーに話をききましょう。

 

・書類手続きの不便さ

ディーラーだと引き渡しの際の書類なども一括して手続きしてくれるところがほとんどです。
個人売買では自身で、必要書類がそろっているか確認をするという手間がかかります。

 

その他のアメリカでの中古車購入方法

アメリカの中でも比較的日本人が多く住んでいる地域では、ディーラーか、個人間売買の中間の「ブローカー購入」という方法もあります。

 

個人で車売買の代行をしてくれる人です。

 

ディーラーより手数料が安く、書類のチェックや査定もしてくれ、人によっては、車が不要になって売り出す際も買い取りまでしてくれる方もいます。

 

このようなブローカーの方々は、それほど大きく宣伝などはせず、口コミでお仕事をしていることが多いです。

そのため、もしアメリカに到着後、すぐに車が必要でない場合は、現地アメリカ生活が長い方に、ブローカーの方が知り合いにいるか尋ねて紹介してもらうとよいかもしれません。

 

車は購入時から売ることも考えて買う

せっかく車をお得にそして安全なよい車を手に入れても、帰国時にはまた売却しなければなりません。
売れやすい車、高い金額で売却できる車を、あらかじめ購入しておくと、帰国の際も売却がスムーズです。

帰国時の売却についても別途記事にしていますので参考にしてください。

 

【アメリカで車を売る】高く売る方法はディーラー?個人?売れる値段は?

 

まとめ

アメリカ生活で必要となる車。
費用を安く抑えて、よい車に巡り合えるよう、よくディーラーと個人売買のメリットとデメリットを比べて自分に合った方を選んで車を購入しましょう。
命を預ける乗り物となるため、値段だけではなく、安全性を重視し、快適なアメリカ生活が送れる準備をしましょう。

 

車を購入した後の、自動車保険の選び方なども解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

【アメリカ自動車保険】プランの選び方~払い過ぎに注意~

 

また、アメリカで車の購入後に保険に入ったり、アメリカで運転免許を取得する際、ソーシャルセキュリティーナンバーという、にほんでいう「マイナンバー」が必ず必要です。
早めに取得するようにしましょう。

 

【留学生も可能】アメリカのソーシャルセキュリティーナンバー申請方法と忘れた場合